突如ですが、「行動鬼ごっこ」って、知ってますか?
昔も今もぐっすりやっていた鬼ごっこを、組行動化したものなんです。
7対7で仲間陣地に設置している「虎の子」を、相手にタッチされずに逃げ回りつつ
ゲットして、得点を張り合います。
詳細はアマチュア社団組合の行動鬼ごっこ協会ホームページをご参照ください。
こういう行動、僕と娘(小学2年生)が体験してきました。
フィードバックを先に言ってしまうと、下記の条目で有難い行動だと思いました。

1.必要なコツは”走り回る”のみ。特別なコツが不要で、誰でも参加し易く、売り易い。
たとえば、サッカーはドリブルや通過、シュート等々、少々練習しなくては、参加することそのもの難しいです。
また、潜入できたとしてもあんまり楽しめないかもしれません。それに引き換え、行動鬼ごっこは、元は
鬼ごっこ。必要なコツは「走る」、こういうアクセントのみです。また、特別なコツが不要の結果、
アダルトですことの優位性が総じてありません。なので、アクションが苦手な子どもも、祖父おばあちゃんも、
皆さん全員が全力で喜べる行動になっております。
※参加した時は60代の皆さんも数多く、ユーザー楽しんでいました。

2.単独で切り込むことは不可能であるため、協同がライフ。というか全部。
こういう行動は、基本的に仲間からタッチされれば刺激が終了してしまうため、超一流のアスリートであっても、
単独で切り込み、虎の子をもぎ取って来ることは概して不可能です。従って同僚と協力して争う必要があります。
それに従い、プランニングを立てたり、音を掛け合ったりと、必然的に連絡がかかる結果、
始めておんなじ組になったお客様とも仲良く生まれ変われる可能性が高いです。
※このような効果がある結果、組合の運動会や婚活出来事にも取り入れられたりしているそうです。

以上のように凄い行動ではありますが、知名度としてはまだと感じます。ただし、定期的に
全国フェスティバルを開催していたり、2019年代の茨城国体に試用行動として採用されたりと、ゆるゆる
知名度が上がってきています。こういう行動が主力になって、よりのお客様に楽しんで買えたら有難いとしています。http://www.worksopminerswelfareband.org.uk/